Oct.17 英語理解の講義 <捨て目を利かせる>

Oct.17 英語理解の講義
<捨て目を利かせる>
アメリカの月刊誌に 【TIME 誌】があります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり昔のものですが、表紙がその時は、俳優の「渡辺謙さん」でその写真の下の方に
 ASIA’S HEROES とあります。
 そして、次の様に続きます:
 Our annual celebration of the courageous.
 the gifted, the inspired and the inspiring.
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
という風に、
the に形容詞が並んだ表現は
 those who are+形容詞 という意味合いと同じですね。
 つまり、 the poor とは、those who are poor ですね。
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
 「毎年恒例の特集:
勇気ある者
 才能ある者
 やる気の高い者
 人に感動を与える者」ですね。

 ここで注目すべきは、
 the inspired とthe inspiring ですね。
 過去分詞や現在分詞はもはや「動詞」でなく「形容詞」です。
 inspire とは、人に感動を与える、人を刺激する という意味合いです。
 他動詞には、常に、「他人を~させる」という風に「他人を」というのが意味に含まれています。
 これは基本ですが大切な事です。
 interesting の interestも「他人に興味を持たせる」
 「他人をそそらせる」という意味合いですね。
 ですので、interesting は、
 「他人に興味を持たせる様な=面白い・興味深い」となります。

 inspiring は、他人を感動させる//他人を刺激させる] という意味合いですね。
他動詞の意味合いには、常に「他人(人)を~させる」という含みがあります。
the は、~という人たち という意味合いですから「人を感動させる人」となります。
inspired の場合ですが、
<元々他人を感動させる>という他動詞的意味合いが、受身になっておりますので、<他人に感動させられた⇒感動した>との意ですね。
the inspired は、感動した人たち、という意味合いですね。
gift は、神様が人に才能を授ける、という意味合いですが、the gifted は、才能が与えられた人たち、という意味合いですね。

 末次 賢治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください