英語の学習」カテゴリーアーカイブ

英語の学習に役立つ記事や、英語ニュース、英語に関する話題など

Oct.17 英語理解の講義 <捨て目を利かせる>

Oct.17 英語理解の講義
<捨て目を利かせる>
アメリカの月刊誌に 【TIME 誌】があります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり昔のものですが、表紙がその時は、俳優の「渡辺謙さん」でその写真の下の方に
 ASIA’S HEROES とあります。
 そして、次の様に続きます:
 Our annual celebration of the courageous.
 the gifted, the inspired and the inspiring.
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
という風に、
the に形容詞が並んだ表現は
 those who are+形容詞 という意味合いと同じですね。
 つまり、 the poor とは、those who are poor ですね。
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
 「毎年恒例の特集:
勇気ある者
 才能ある者
 やる気の高い者
 人に感動を与える者」ですね。

 ここで注目すべきは、
 the inspired とthe inspiring ですね。
 過去分詞や現在分詞はもはや「動詞」でなく「形容詞」です。
 inspire とは、人に感動を与える、人を刺激する という意味合いです。
 他動詞には、常に、「他人を~させる」という風に「他人を」というのが意味に含まれています。
 これは基本ですが大切な事です。
 interesting の interestも「他人に興味を持たせる」
 「他人をそそらせる」という意味合いですね。
 ですので、interesting は、
 「他人に興味を持たせる様な=面白い・興味深い」となります。

 inspiring は、他人を感動させる//他人を刺激させる] という意味合いですね。
他動詞の意味合いには、常に「他人(人)を~させる」という含みがあります。
the は、~という人たち という意味合いですから「人を感動させる人」となります。
inspired の場合ですが、
<元々他人を感動させる>という他動詞的意味合いが、受身になっておりますので、<他人に感動させられた⇒感動した>との意ですね。
the inspired は、感動した人たち、という意味合いですね。
gift は、神様が人に才能を授ける、という意味合いですが、the gifted は、才能が与えられた人たち、という意味合いですね。

 末次 賢治

★Oct.15-16/2020  News Headline 

Oct.15-16/2020 英語ニュース見出し(英語学習目的です)

【China ‘discouraging’ imports of Australian cotton】
⇒ 中国、豪州製綿 輸入を”故意に減らしている”模様
 ・discouraging はこの場合は「分詞」で、意味合いは
  ~している、→阻止している、という事ですね。
 ・dicourage→「~するのを阻止する、~を止めさせる」
  ※「人をがっかりさせる」の意の他に物事を止めさせるという事もあります。
 ★『トム&ジェリー』のある話で
 [However, this did not discourage the cat.]とセリフがあります/
 ⇒ 「それでも、この事(トムが色々な失敗)があってもトムは挫けませんでした」の意です。

【Britain changes vaccine rollout measures for COVID and flu】
⇒ 英国政府、コロナ&インフルエンザワクチン実施方法を変更
・[rollout] は、次の動詞を名詞にしたものです。
・「roll out」= 物事を本格的に実施/展開する。
・measures=「方法 / 方策」
※roll out は、マーケティングで使いますね。

末次 賢治

★Oct.14/2020  News Headline 

Oct.14/2020 英語ニュース見出し
【Japan seatbelt maker suspected of falsifying data】
→邦人のシートベルトメーカー、データ偽造の疑い
・suspect →~を疑う
・suspected of ~の疑いが掛かっている
・falsify~:(資料など)を改ざんする
 ※改ざん→都合が良いように不正に訂正する
 falsify の動詞の元は、false「虚偽」ですね

末次 賢治

★Oct.11/2020  News Headline 

Oct.11/2020 英語ニュース見出し

【U.K. Prime Minister Boris Johnson to announce three-tier lockdown system】
⇒ ジョンソン英国首相、3段階のロックダウンシステムを公表へ
 ・tier 階層・段階
 tierは、「ティア」 と 発音します。
 three-tier 「3段階」

 ・lockdown→都市封鎖
tierは、知っておくと良い単語です。
『Oxford英英辞典』 より(*主定義のみ)
 tier→『a row or layer of something that has several rows or layers placed one above the other』
 つまり、段々に積み重ねたモノの各段の事ですね。
 例:・Our wedding cake had three tiers.
 「私たちのウェディングケーキは三段式だった。」
 ・the top/bottom tier of society (社会の最上[最下]層)
 in tiers … 段々になって
 two-tiered … [形] 2層構造の,2段重ねの

末次 賢治

Oct.08/2020 英語学習の参考資料 【 英語の読み方 :「冠詞を監視する #1」】

今回は「冠詞」がテーマです
 冠詞は、<内容の関連性を明確にさせる道具>ですね。
 冠詞とは、a ・an / the ですね:
 下記は、あるアメリカの女の子が雑誌に送った相談の手紙です。
 複数回 a+名詞 /the+名詞が出てきます:
 意味が完全に分かりますか?

“Dear Betty,I tried out for* the lead in the school play,–1)
but I didn’t get the part.—2)
I got a smaller part.—3)
The part only has fourteen (14) lines. -4)
I feel very disappointed. “—5)

※なお、この上の英文は、小職が高3年生に提供している、英語練習帳からのものです。
希望者は差し上げますよ、この英語練習帳を。

日本語訳は下記の通り:

『私は、学校のお芝居で、主役をとろうと 張り切ったのですが、
主役になれませんでした。
貰ったのは、端(チョイ)役で、セリフはたった14行しかないの。
がっかりだわ。』

・ try out for–:「~を勝ち取ろうと頑張る」の意です。

1) ⇒try out for the lead in the school play.の【the lead】は
「主役」の意。お芝居での主役は、通例は1人しかいませんね。the lead が正しい言い方。
※<the>は、当事者が 【既に知っており、判っているモノ】を指します。同時に、【唯一これしかない】というモノにもtheを付ける場合が多いです。
もしthe leadでなくて、この部分を [a lead]といえば
<主役が数人存在するお芝居で、主役の1人にもなれなかった>となります。

2)⇒I did not get the part.は、先に出たthe leadの事を指しております。<その役=主役>です。

3)⇒I got a smaller part.ですが、<普通よりも小さい役を貰った>との意です:smallerを外して考えても「a part」ですから、
「<色々ある端役の中の1つ>を貰った」との意です。

4)⇒ the partは、この「端役の事」を指します。
この様に、【先に・最初に発言されたモノを、すぐにまた発言する場合】にも[the] を付けます。

★上の手紙にある様に、
2)のthe part と 4)のthe partは意味が違いますね。
2と4のthe partは 各々その前の単語を受けて、2のthe partは、「主役」の意ですし、
4のthe partは「端役」の事です。お分かりでしょうか?

同じthe part でもその意味合いが変化しますね。状況次第で。

冠詞とくに、the/aには、それぞれ重要な役割があり、それを知っておく事が、英語を正しく読める基礎です。
どんな役割かは次回以お見せ致します。ご参照下さい。
ご質問は何なりとどうぞ!

 末次 賢治

★Oct.04/2020  News Headline 

Oct.04/2020 英語ニュース見出し 3題

【Japan eases entry restrictions】
⇒ 政府、入国制限を緩和
 ・restrictions:制限(事項)
 ・ease(動詞):~を緩和する。
 ※ ease:名詞では「気安さ」、「安易さ」等の意味合いですね。
 尚、at easeは、 comfortable と同意で、「気楽でいる」、「くつろいだ気分」という意味合いで、「at home」 と同意です。
 例【I cannot feel at east in my father’s company.】
 ⇒ 「父のそばでは気楽になれません」、という意味合いですね。

 飯セミの高3年生はこの英語文覚えていますか??
 この 【in my father’s company」は、「お父さんの会社」でなくて
 ★「お父さんがそばにいると」とのう意味合いですね。
 この英語文は、3年生の4月の授業で取り上げましたね。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Trump: Next few days will be critical】
⇒ トランプ談:『次の数日が極めて重大であるだろう』と。
・critical :「きわめて危険な」の意味が根本にあり、そこから、比喩的に「きわめて重大で」という意味合いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【Trump receives experimental coronavirus drug】
⇒  「トランプ大統領、コロナの実験薬を受け取る」
・experimental : 実験的な
※experiment : 実験
※尚、receiveは、「受け取る」ですが、
だからと言って、それを承認するわけではありません。つまり、
【Yes, we received this letter from them yesterday demanding the advanced payment. However, we did not accept their demand. This is because such advanced payment goes against our mutual business agreement.】
⇒ ええ、昨日、先方から書面がきて、前金払いと要請してきましたが、こちらとしては、その要求を受け入れませんでした。お互いに取り交わした契約に反するからです。
との意味です。
≪書面を【receive】 をしても、内容を【accept】 しない≫、との意ですね。
※覚えておきましょう

末次 賢治

★Oct.3/2020  News Headline トランプ大統領関係のニュース見出しです

Oct.3/2020 英語ニュース見出し トランプ大統領関係のニュース見出しです

【US media say President Donald Trump tests positive for the coronaviurs.】
 ⇒ 米メディア談;トランプ大統領、コロナ感染テストで陽性と。
 ・test positive と下記の test negative はtestの結果、陽性/陰性と判明するという意味合いです。
 testが動詞で、positive/negativeは、形容詞ですね。

【Biden tests negative for coronavirus】
⇒ 「バイデン候補、コロナテストで陰性」
バイデン氏は民主党選出の大統領選候補ですね

【Trump to be taken to national military hospital】
⇒ トランプ大統領、国立の軍事病院に入院へ
・to be taken–これは不定詞ですね。
基本的に不定詞は、今後の予定を表現します。

【Kim Jong Un wishes Trump well】
⇒ 金正恩、トランプ氏の回復を祈願
・wish相手 wellの表現パタンです

末次 賢治

★Oct.1~2/2020  News Headline

Oct.1/2020 英語ニュース見出し

【Tokyo included in ‘Go To Travel’ campaign】
⇒「東京」「Go to トラベル」キャンペーンに「対象地」として含まれる
 ・include ~を含む
 税込み等の場合にはincludeを使います。

【Yes, tax included.】「はい 税込みです」
緑茶にはカフェインが含まれる」という場合は、includeでなくてcontainを使います。
Green tea contains some caffeine.
飲食成分や物質を本体に含む→ contain
本体に、税金・時間を含む →include です。
This exercise course includes horse-riding lessons of 90 min.each.
「この運動コースには「90分の乗馬練習」も含まれますよ」

Oct. 2/2020 英語ニュース見出し
【TSE trading resumes in Tokyo after system crash】
⇒「東証取引再開、システム不具合の後で」
・resume 再開する・~を再開する
・TSE→ Tokyo Stock Exchange 東京証券取引所
・stock とは、企業の運営の資本と成る「株式」の事。

末次 賢治

★Sep.24/2020  News Headline

Sep.24/2020 英語ニュース見出し

【UK health minister doesn’t rule out telling uni students to stay away from home at Christmas】
⇒ 英国の厚生大臣、次の事を除外せず。つまり、
「大学生らに、クリスマスの際は、在宅でなく外出するように云う事を」

・rule out :~を締め出す、除外する、妨げる
rule[規則を作って]、out[外に出してしまう]の意
・minister:大臣 ※Prime Minister=首相

末次 賢治