英語の学習」カテゴリーアーカイブ

英語の学習に役立つ記事や、英語ニュース、英語に関する話題など

★Mar.18.2021 Breaking News (ニュース速報)

Mar.18 /Breaking News (ニュース速報)

expire・ as schedule / give the green light to~/
be set to 動詞ほか

【Japan’s Prime Minister Suga announced the COVID-19 state of emergency for the Tokyo area will end as scheduled on Sunday.】
→菅総理発表、コロナ禍による
緊急事態宣言(関東地区での)を、予定通りに、
日曜日に終わりにすると。

・state of emergency 緊急事態
・as scheduled 予定通りに、
スケジュールの通りに。

A coronavirus advisory panel for the government
has given the green light to a plan to lift the state of emergency for the Tokyo area.
→政府付きの「コロナウイルス諮問委員会」は、
許可した、関東地区への緊急事態宣言の解除計画に。

・advisory panel:アドバイスを出す委員会(=諮問委員会)
・give the green light to ~:計画等にGOサインを出す/許可する
the green lightは、青信号の事です
・lift 措置:その措置を解除する、

The declaration, covering four prefectures, is set to expire on Sunday.
→当該の緊急事態宣言は、4都県に出されているが
日曜日に期限を迎えることに成っている。

・the declarationと theが付いていますので
「緊急事態宣言」の事ですね、
・expireは期限が切れる
・is set to 動詞:~することに成っている

末次 賢治

★Mar.15.2021 英語ニュース見出し

Mar.15 英語ニュース見出し

その①
今回の語法→現在完了形と過去形の違い

【Paraguay’s first satellite enters Earth orbit】
→パラグアイ初の人工衛星が地球の軌道に乗る
・satellite「(人工)衛星」
・orbit →軌道 /動詞としてもorbitは使えます

語法講義 過去形と現在完了形

「Paraguay’s first satellite has been released from the International Space Station.
→ここで、was released でなくて、has been released となっていますのは
国際宇宙ステーションISSから、放たれて、その後ずっと、
軌道に向かって進み、軌道に乗ったからですね

・be released from 出処:その場所から放出される

Paraguay’s first satellite was released from ISS.となる場合には
必ず、過去を示す時間の表現(昨夜とか一昨日など 或いは3.14等)が
一緒に使われる場合ですね
Paraguay’s first satellite was released from ISS last night/10min.ago.等の場合は
過去形で良いです。昨夜や10分前(扱いは過去)の事から。

※過去時間の明記もなく、ISSから放たれ、更に今も尚~しているは
has been released となります。
これは、主語が衛星(=対象物)なので受け身になりますね。
※※対象物が主語の場合は、受身表現を使いますね

※「現在完了形」は【実際には完了していない】です
動作を実施したときの気持ちや心理状況、
状況がまだ余韻として続いている、という事ですね
その場合は、過去明示表現は併用しないです。

例)「英国に行ったことがありますか?」
Have you ever visited England?

「はい」Yeah!

「いつ英国に行ったことがありますか?」
When did you visit England?

※whenが入れば、完了形は使いませんね。
この場合は過去形に。

「ええ、3年前にロンドンに行ったことがあります」
Yes. I visited there 3 years ago.

日本語の「行ったことがある」に連れられて
I have visited there 3 years ago.としないように
よくよく留意して下さい・

上記はとっても大切な心得ですね
Ken SUETSUGU Mar-15
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その②

Engineers from Paraguay spent two years developing the satellite
at the Kyushu Institute of Technology in western Japan
with support from their government.

・Kyushu Institute of Technologyは、九工大→KTIですね
九州工業大学ですね。飯塚にもそのキャンパスがあります

この英文記事には
spend 時間~動詞ing がありますね

1年生の学習で出て来ますね。

spendは、2つの表現形式があり、その1つが

「・spend 時間 動詞ing~」ですね
→・その時間を掛けて~する
・~するのにその時間分が掛かる

↑の英文記事では
spent two years developing ですから
2年掛けて開発した という事ですね

そして前置詞が3種類使われていますね
・九工大で、(俯瞰して狭い地点)→at
・西日本の (広い場所)→in
・利用して/用いて→ with ですね

ご参考下さいね。

末次 賢治

★Mar.12 /2021  【永久保存版】 in full swing / optical store

Mar.12>> in full swing / optical store

【永久保存版】 in full swing / optical store
>飯塚セミナー塾の塾生の皆さま:英語学習の講義です

<捨て目を利かせる>

英語の学習は毎日の普段の生活でも出来ます。
それには「捨て目」を利かせる事が必要です・
「捨て目」とは、わずかな変化にも気が付く注意力や
考察力です。これは言語習得には不可欠な事です

さて、添付の広告をご覧下さい

①Spring is in full swing.
②optical store
③「フレッシュスタート」とあります

①「be動詞+in full swing」とは
たけなわ・最盛期、という意味合いでよく使います
野球のフルスイングの事ですね
全力でバットを振る事から、
物事の調子が「最高潮で/に/」の意味で
【副詞句】ですね
・Tom is chasing Jerry in full swing.
→トムは全力でジェリーを追っかけている

・My business has been in full swing for these months.
→ここ何か月かは、私の商売もずっと最高潮の状態です

② optical storeは、眼鏡屋さんですね

optical→光学に関する、の意味合いですが
「視力に関する」という意味もある形容詞です

optical device 光学装置(受光機など)

③ フレッシュスタートは、英語では
Let’s make a fresh start とよく言います
これは、ちょっと喧嘩をした友達とかと
やり直そうよ、という場合に使います
気持ちを新たにして、再び始めるという意味合いです

日本語のフレッシュスタートには「やり直し」の
意味がありません。英語では、再度仲直りして
新規に関係を始める、という事ですね
例:喧嘩別れしたカップルが

【I can’t make a fresh start with him any more.】
→もう二度とあいつと仲直りできません。

ご参考下さい

日頃から日常、目にする英語に気を留めて
調べたりしましょう。1・2年生は今時間はありますので
日頃からこうした取り組みをすると英語の力が上がりますよ!
同時に英語のみならず、知識が増え、国語の力も高まります。
国語の力は、実は、英語の力に必要な能力です。
国語の成績が悪い人は、英語の成績は、やはり良くないですね。
言葉を理解する力が無いと英語の成績は向上しませんので、
日頃から言葉・言葉の使い方に対する意識を高めましょう

末次 賢治

★Mar.11 /2021  私の実際の翻訳業務から

Mar.11 >> 私の実際の翻訳業務から

たったいまこの英語文が仕事で出て来ました:

・revisit /・initiative

Hopefully, through your interaction with them,
they will start to revisit the initiatives
for making your “Toggler” a mainstream product.

revisit は、 [re+visit] なので、
「再度訪問する」の意味と
考える人が多いでしょうが、
実は、それだけではありません、
新三年生とナルゲン2年生や
更に、
後期試験を受験する生徒さんや
大学に進む生徒さんには
ぜひ知って欲しい単語です。

↑の英語文を「再訪する」と意味を取れば
辻褄が合わないですね

※この revisitは、
【以前考えていた物事を「再検討」する】の
意味合いです

(「以前考えていた物事を再び訪れる」)から
再考・再検討する。
しかも「前向きに検討する」という事ですね

↑の英語は、英国のオックスフォード大学を
卒業されたマレーシアの
企業社長職の英語です

・initiativeは、
日本語での「イニシャチブ」とは
ちょっと意味が異なります

【initiative】は、
計画・構想・プラン・といった意味が
根底になります
さらに、「計画などを進める機動力」ですね

Hopefully, through your interaction with them,
先方が貴社との折衝を通して

they will start to revisit the initiatives
for making your “Toggler” a mainstream product.
貴社製品「トグラー」を主流製品にする計画を
先方が再度、前向きに検討するようになれば良いですね

・hopefullyがあれば、
「~~と成れば良いですね」の意味合い

末次 賢治

★Mar.11.2021  英語ニュース見出し

Mar-11 英語ニュース見出し

※今回の語法・seek to 動詞:~する事を模索する、
~する意向

【New WTO Chief Seeks to Mend Frayed Relations】
→新WTO会長、仲たがいした関係を修復する意向

・mend→修繕する

・fray:名詞では「争い」「衣服のほつれ」等
動詞→神経をすり減らす」等の意味。

・WTO→ World Trade Organization
→ 世界貿易機構 ですね
「organization」→組織、体制という事ですね

WTOの新会長は、ナイジェリアの女性ですね
この写真の方です。

末次 賢治

★Mar.3.2021  英語ニュース見出し

Mar-3 英語ニュース見出し

今回の語法:「突然のcould」と 「may」

3/3にNHK国際ニュースの画面に2つのこの見出しが有りました。
違いは、could と may となっている個所です

【Tokyo area state of emergency could be extended】
→東京圏、非常事態宣言、延長の可能性あり

※この 「could」は、形は[can]の過去ですが
機能は「仮定法」です、
このようなcouldはよく使われます。
>別に文章内容が「以前の事(過去の事)」では無いのに
「could」が使われている場合、仮定法のcouldと判断しましょう
つまり、「~~という状況であれば~~になる可能性がある」という含み。

【Tokyo area state of emergency may be extended】
→東京圏、非常事態宣言、延長か?
これは→「延長に成ってもしょうがない」という事です

mayは、
・「~かもしれない」と
・「~しても良い」と2つの意があると習いますが、

根本は1つです:

根本は「~を認めている」という事で、或いは
「許可・許容している」のですね

>女優の川口春奈さんは長崎の五島の方ですね
素晴らしく「可愛らしい美人」ですね

>彼氏くらい居るでしょうね
【川口春奈 may have a steady boyfriend.】
【→彼氏が一人いても良い】

「彼氏がいるかも」というのは、
別に、
「彼氏が居ても良い」という事なのです、

更には、
「彼氏が居てもそれはしょうがない」という事で、
「彼氏が居ても、その事を発言者は許している」という事ですね
お分かりでしょうか?
これがmayの根本の意味合いです

末次 賢治

★Mar.2.2021  英語ニュース見出し 【be subject to(テストや検査等)】表現

Mar.2.2021  英語ニュース見出し 【be subject to(テストや検査等)】表現

【Toyota SUVs subject to US probe after engine fires】
→トヨタSUV車ら、アメリカ側の詳しい検査を受ける事に。
エンジン出火後

※SUVは、車種の1つで後述参照
※ニュース見出しは、be動詞は省略します
・【be subject to~テスト・検査・措置等:
「テストや検査などを受ける義務を負う・
受ける事になっている」の意味
例)
We’re subject to PCR Tests.
→僕らはPCR検査を受けないとなりません。
I am subject to the makeup test
→この追試を受けないとなりません。

※~を受ける羽目・義務がある、が be subject to~です

・probe は、元々、検査針の事です
検査針を対象物の内部に入れて、内部の様子を細かく調べます。
これが動詞となって、~を細かく検査する、の意味。
probeは、名詞でもあり動詞でもあります。

※(コツ)基本的に【英語の単語は、特に道具の意味の単語は
動詞として使えます】。

・fire(s)は三単現の-sが付いているので動詞ですね
この場合は、after engine fires.「エンジンが出火する」の意

Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の
頭文字をとったものです。
「Sports=スポーツ」
「Utility=実用的な、万能の」
「Vehicle=乗り物、車両」との意で、
日本語では「多目的空間を持つ車両」・
「多目的スポーツ車」との感じです
英語の学習にどうぞ!!

末次 賢治

★Mar.1.2021  英語ニュース見出し <今回の語法→ agree to 動詞」&「名詞の意味は伸びる>

Mar.1.2021  英語ニュース見出し <今回の語法→ agree to 動詞」&「名詞の意味は伸びる>

【Fishery Conference agrees to reduce Pacific saury catch】
→漁業会議、サンマの漁獲量削減で合意

・Pacific saury/saury サンマの事です
日本のサンマの種類は、Pacific saury種 です

・catchは、動詞は「捉える・つかまえる」ですが、
名詞は、「つかまえる事、つかまえたモノ、つかまえる数量」まで
意味がおのずとあります。前にも示しましたが
名詞の意味、特に抽象名詞の意味は、伸びます
order (注文、注文品、注文内容、注文金額、注文数)まで意味があります
これは極めて大切な英語の捉え方です。覚えておきましょう。
意味が伸びるという事を!

・agree ですが、次の通りに使い分けます
・agree to 動詞:~することに賛成する
・agree with 人 :I agree with Tom.トム(の意見)に賛成
・agree on 意見 :I agree on Tom’s idea.
・agree to 意見: I agree to Tom’s idea.

× I agree with Tom’s idea. は、
× このように云う人が結構多いのですが
正しい語法では有りません。
「人」に賛成→→I agree with Tom.
「意見」に賛成→I agree on/to Tom’s idea. ですね

本日卒業式が行われる、嘉穂高校の
期末試験問題で、このagreeの使い方が
間違っておりましたですね。
本日高校を卒業する生徒さんは、
おめでとうございます。

大学や進学先では、
どうぞ、しっかりと勉学に勤しんで下さい。
大学でもどこでも、勉強する場所ですからね。

末次 賢治

★ Feb.27.2021  英語ニュース見出し <今回の語法→ urge 相手 to 動詞>

Feb.27.2021  英語ニュース見出し <今回の語法→ urge 相手 to 動詞>

米国のCBSニュースから:

Queen Elizabeth urges people to get COVID-19 vaccine: “It didn’t hurt at all”
→エリザベル女王、国民に、コロナワクチン接種を
強く求める、曰く、「全く痛くなかったわ」

「:」これは、発言した、という記号です

・It didn’t hurt at all.と発言しています
過去形ですね、つまり、「女王が実際に注射を受けた」という事ですね

・It didn’t hurt at all (not at all→は「全く~でない」

・ It は、この場合、対コロナ注射ですね
・ hurt→、相手に痛みを与える、傷つける

・urge相手to 動詞:相手に~しなさいと、強く要請する、~するようにせかす、という事ですね

urge や not at all はいずれも、嘉穂高校1年生の期末テストで出てきた表現ですね

ちなみに、It didn’t hurt at all.を言い換えますと

It didn’t hurt in the least.ですね

not~ at all = not ~ in the least.
(少しも~でない)
この2つは同じ意味合いです
中学高校生の生徒はしっかりと覚えましょう。

写真の御方が、エリザベス女王2世ですね、
4月で95才になられます。

末次 賢治

★Feb.24 /2021  英語ニュース見出し 今回の語法「受け身の進行形」

Feb.24 >> 英語ニュース見出し 今回の語法「受け身の進行形」

【Tiger Woods in hospital after car crash】
タイガーウッズ入院。自動車事故後

・in hospital 「入院中」

in/他前置詞+無冠詞の名詞はよく使います:

事例>
at home 在宅中、心地よい
この場合 at home は、自分の家ですね
じぶんちが一番くつろげるから、そこから「心地よい」、という意味合いが生じます

in trouble困っている

※名詞が無冠詞の場合の意味合いは後日、講義を送付致します。

<受け身の進行形:is being treated
治療を受けている最中 という事ですね

US golfer Tiger Woods is being treated at hospital
→アメリカのゴルフ選手のタイガーウッズ氏が病院で処置を受けている状況である。

after a car he was driving was involved in
→同氏が運転をしている車が/巻き込まれた

in a rollover accident
→横転事故に(巻き込まれた/)/

in the suburbs of Los Angeles on Tuesday.
ロサンジェルスの郊外で、火曜日
・a rollover accident 横転事故

~~~~
after 以下の主語は、
「a car」/ he was driving 運転をしていた車が
この a car ですね

で、この a car が、
was involved in a rollover accident.
巻き込まれた、横転事故に。との流れです

※受け身の進行形は試験問題によく出てきますね
・The house (is being repainted) now.
このお家は、今、ペンキ塗り替え中です。

・The road in front of my house is being
constructed for a week.
自宅前の道路が今、工事中です

・The secret information is being processed now.
当該の機密情報は現在処理中です。

・Yeah. My bike is being repaired now.
そうて、自転車はいま修理中て。となります

普通は、上例のように
・モノ(対象物)が主語となり、
今~(工事、修理、塗り替え)されている状況という意味合いで用います。

・対象物が主語に成るから受け身を使いますね。

※タイガーウッズさんのように
人間が、今処置を受けている最中という場合も使います。

末次 賢治