★Mar.11 /2021  私の実際の翻訳業務から

Mar.11 >> 私の実際の翻訳業務から

たったいまこの英語文が仕事で出て来ました:

・revisit /・initiative

Hopefully, through your interaction with them,
they will start to revisit the initiatives
for making your “Toggler” a mainstream product.

revisit は、 [re+visit] なので、
「再度訪問する」の意味と
考える人が多いでしょうが、
実は、それだけではありません、
新三年生とナルゲン2年生や
更に、
後期試験を受験する生徒さんや
大学に進む生徒さんには
ぜひ知って欲しい単語です。

↑の英語文を「再訪する」と意味を取れば
辻褄が合わないですね

※この revisitは、
【以前考えていた物事を「再検討」する】の
意味合いです

(「以前考えていた物事を再び訪れる」)から
再考・再検討する。
しかも「前向きに検討する」という事ですね

↑の英語は、英国のオックスフォード大学を
卒業されたマレーシアの
企業社長職の英語です

・initiativeは、
日本語での「イニシャチブ」とは
ちょっと意味が異なります

【initiative】は、
計画・構想・プラン・といった意味が
根底になります
さらに、「計画などを進める機動力」ですね

Hopefully, through your interaction with them,
先方が貴社との折衝を通して

they will start to revisit the initiatives
for making your “Toggler” a mainstream product.
貴社製品「トグラー」を主流製品にする計画を
先方が再度、前向きに検討するようになれば良いですね

・hopefullyがあれば、
「~~と成れば良いですね」の意味合い

末次 賢治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください