★★永久保存版★★「仮定法大講義」その①

★★永久保存版★★「仮定法大講義」その①
仮定法の大講義です
試験前に復習でお読み下さいね
「仮定法」に付いて
基本講義:通常の if 主語+現在形動詞~、とどう違うか?の理解
★英語の時間の原則:下記を理解しましょう
①現在形:
・今の事、普段の事、未来の事でも十分に実現性が高い事は現在形を使う
②過去形:
・1秒でも前の事は、全て過去形
仮定法は、この時間の法則を敢て打ち破り
時間のねじれ現象を起こす言い方です
★動詞の現在形→・実現可能性が極めて高い
        ・十分に有り得る、の意味。
動詞が現在形という場合は、
・普段の動作、いつもの動作 或いは、
・十分に起こる動作、あり得る事。 です
明日2/15は、雨が降るらしいのですが
If it rains tomorrow, I will stay home.
=明日雨なら、外出はしない、
明日は雨という事は十分にあり得ますね、
天気は人間では正確に予測は無理ですね、
だから、晴れでも雨でも十分にあり得ます。
この時期は、雪やみぞれだって、あり得る事です
だから、現在形を使います。
もし、
If it will rain tomorrow, という言い方をすると
=100%ない事やけども、万が一明日が雨が降ったらとなって、
感覚的にこの言い方はおかしいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★さて、私は3人娘がいて、妻とは死別しています。
一方、俺の「実弟」はもうすぐ50歳なのですが、
「結婚に、ご縁が無くまだ独身です。弟は」
★で、俺の弟が次の様に云う場合、2つのセリフの
ニュアンスが(つまり、俺の弟が思っている事に違いがあります)
分かりますか?※弟は、3月で50才です
①【If I marry someone, I will surely make her happy.】
そして、次の様に云う場合、
②【If I married someone in the future,
I would surely maker her happy.】
①の If I marry someone, の場合、
【自分はまだ結婚できるし、そのつもりがある】との思い
<誰かと(実際に将来)結婚出来れば>との思い、
★なぜか?現在形だからです、現在形→実際に今後あり得る事です
②の If I married someone in the future,
<誰かともし、将来結婚したならば>で、
【自分はもはや婚姻は無理】と思っています。
なぜか?=仮定法を使う場合は、あり得ない事を云うからです
特に、in the future (今後)と表現しておるのに
過去形を使うのは時間の使い方がおかしい:
②の場合は、【本人は、内心、結婚を諦めています】
なぜか?→今/今後の事柄なのに、過去形を使っているからです。
お分かりでしょうか?学校で習う仮定法には
このように、本人の気持ちが強くにじみ出ています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
嘉穂高生は、2/15~期末試験ですね、
さて、皆さんのお母様が次の様に云います:
英語のテストは2種類ありますよね?
先ず、次の通り云ったとします:
母ちゃん→→息子のタカシ君へ
①: Takashi, if you get full marks on both English tests this time,
I will treat you to a special dinner.
(タカシ、もし、今回どっちの英語のテストも100点取れば、
 大御馳走するよ。)
動詞は get/ I will treat you to a special dinner
get は、現在形ですね
will も、現在形ですね、
 ※willは、時間は「現在形」ですね
①のセリフの場合、
★お母さんは、
【我が子、タカシは両方100点取れる可能性が高い】と思っています。
 ※→お母ちゃんは「良い期待をしていますね、タカシに」
もちろん、タカシ君が学校で学び、
更に「飯塚セミナー塾」にも通い
一生懸命勉強しているという背景があります。
~~~~~
★次に、下記のように言ったら、
この母ちゃんはどう思っていますでしょうか?
②Takashi, if you got full marks on both English tests this time,
I would treat you to a special dinner.
試験は今からなのに
got と過去形で、しかも、I would treat–とあります
got / would いずれも過去形です
②の場合は、<<試験は今からあるので、現在形で良いのに、
あえて過去形を使っている>>という事は、
【英語の時間の法則】から反します。
英語の時間の使い方がねじれております。
此のねじれ(=仮定法)で、内心を吐露しております。
つまり、
<うちの息子が、
【両方100点を取れるってのは、無理/あり得ない】>と
思っているのです
もし今回両方とも100点であれば、
・If you got full marks
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
if ~のパタン
①「もし「今」もし~~なら、良いとにね」パタン
If 主語+動詞の過去形~~、主語+助動詞過去形+動詞原形
<※助動詞に続く動詞は必ず動詞原形です>
If the world didn’t have COVID19, all of us would have a normal life.
※今年度は、高校2年生の生徒さんは修学旅行が中止になったようですね、
これを この①のパタンで言えます
If COVID-19 had not been spread this year,
they could go on their school trip. ですね
コロナが無ければ、を
Without COVID-19, they could go on their school trip. とも言えますし
If it were not for COVID-19, they could go on–とも言えます
it if were not for 対象物、学校で習うと思いますが
without対象物、の方が便利で、早いし、こちらを覚えておきましょう。
さて、明日2/15の嘉穂1年生の英語のコミのテストで
睡眠のお話で仮定法が出てきますね
mallards(マガモ)の事で
・If they all slept deeply,
they would fall prey to their predators.
→もし、マガモが全員、眠りが深いと、
 マガモ君たちは、天敵の餌食に成り下がってしまう。
仮定法を使うのは、<実際には
そんなヘマな事は、マガモ君らしない>という事ですよ
②「もし「あの時」~だったら、良かったとにね」のパタン
If 主語+had +PP~~、主語+助動詞過去形+have+PP
PP→動詞過去分詞
If Tokyo Olympics had been held as planned last year,
Japan’s Judo Team could have won 10 gold medals.
※なお、自分の事柄で、be動詞を使う場合
(Hクラスの受講者はヘレンケラーさんのエッセイで出てきますね)
If I were the president of a university,
(もし、自分がどこかの大学の学長でならば)
この↑の表現は、【If I were】 ですね
通常、【I was が正しい組合わせ】ですが、
【I were】 とは、【通常ではありえない組み合わせ】ですね
ですから、わざと、【if I were】とすることで
「これの主語+be動詞」の組み合わせは
 あり得ない組み合わせなので、内容自体が仮定・架空の話ですよ」
とPRしています。
逆に居ましたら、ヘレンケラーさんは、大学の学長ではない、という事です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
③ →【①(今)と②(あの時・昔)をミックした場合
例)【もし信長が本能寺で殺されなかったら、
   今の日本はどうなっているやろうか?】というパタン
<<もしあの時~だったら、いまごろ~だろう>>
If 主語+had+PP~~、主語+助動詞+動詞原形
If 信長 had not been killed at 本能寺,
what would Japan be like?
※③のミックスパタンは試験に出やすいので要注意!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
as if :
まるで~~のように のパタン
① as if 主語+動詞過去形~~のパタン
「ケンは、まるで川口春奈のお父さんになった気分で
 話しをしようバイ!
→Ken is talking to us about 川口春奈 as if he was her father.
is talking は現在進行形(つまり今の事)です。
ケンは別に川口さんの父ちゃんでもなんでもない、他人なのに、、
そこで、as if he was her father としたら
as if he was her father まるで自分が川口さんのお父さんかのように。
・He is talking to the police as if he was an witness.
奴は、まるで目撃者のように警察に話しています
=ほんとは、奴が犯行を働いたのに
 まるで目撃者のように、いま、警察と話しています、
② ①を過去形にすると)
<② as if 主語+had 過去分詞~~のパタン>
Ken was talking to us about 川口春奈 as if he had been her father.
これは、①を全て過去形の時間帯にしたわけです
すると、as if 以下は、時間がさらに昔にずれます
~~~~~~~~~~~~~~~~
I wish~~のパタン
<wish は、強く思っている・強く願っている>の意
発言者単独の願望ですね
①<いま~ならばよいのになぁ!>
→実際の状態・状況と異なる、或いは、
 「無いものねだり」でいう場合
【I wish 主語+動詞過去形~~】
【I wish 主語+助動詞過去形~~】
→I wish I were in London now.
 いま、ロンドンにいたらなあ、
★「now とあるのに、過去形」、しかも、【were】 を使うのが
英語の時間の法則に反していますね
故に、仮定の表現で、今は日本にいるけどもロンドンならなあ、
という感じです
I wish I were as young as you.
→もっとあんたくらい若かったらなあ
I wish I could fly to London now.
→ロンドンに飛行機で行けたらなあ
 (コロナで今無理なので、願望として気持ちを言っています)
・② 以前の事を後悔するパタン
I wish I had +PP のパタン
I wish I 助動詞過去形+ have+ PPのパタン
I wish I had met you much earlier.
その時、もっと早く君と会えていたら良かったのになぁ~
 (実際には、後で会うことになって、
何らかのロスがあった)という事です
I wish I could have visited there.
現地にもっと早く到着できればよかったのに。
(実際には現地入りが遅れて、相手に怒られた等)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ If 主語 should ~の場合:
次の2つの違いを説明します
工場見学で、担当者から説明を受けました。
→If you have any question, let us know.
何か質問があればお知らせ下さい
↑と異なり、次の場合の状況を説明します
同じく
→If you should have any question, let us know.
工場見学で、細部まで詳しく説明をしました
1~100まで説明をした
だからもう質問もないだろうけども
万が一質問があれば、 という事です
つまり
If 主語+should+動詞原形~ を使う場合は、
いつも次の通りです
→所定の用意や段取りはすべて行った、
 それでも何かあれば、という事ですね
If your baby should drink this liquid,
you would have to take her to your doctor.
液体をいつもきちっと安全な場所に
(赤ちゃんが手が届かない場所に)
安置しておりますが
それでも何かの行き違いで
赤ちゃんがこれを飲んでしまったら、
すぐにかかりつけの医者に行きなさい、ですね
★そして、このshouldの仮定法は
ifをよく省略します
If you should have any question,
if を省略すると
(英語は必要な単語を省略すると語順が入れ替わります)
Shouldが先頭に来て、
Should you have any question, となります
仮定法は基本的に、ifの表現の場合は、ifを省略できます
If you had not experienced these tests,~の場合
if を省略して
Had you not experienced these test,となります
これは1年生の段階で習うかどうかわかりませんが
覚えておくと良いです。これを機会に。
Should you have any question,
be sure to inform us.
Ken, the Interpreter
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もう1つ、
It is time you got up. というパタンですね
これはなぜ過去形を使うかと云えば
例えば、タカシ君は10時が就寝時間で、
親御さんからそう言われています
It is about time for you to go to bed, Takashi.
そろそろ寝る時間よ、タカシ
これは、時間が950分くらいです
ところが、
It is time you went to bed.の場合は、
こう云われる時間は、例えば
10時15分とかです
お母さんは立腹しています
昨日や一昨日、是迄の「いつものお前なら」
【今頃はとっくにベッドに入っていた時間】でしょ?
何やってんの?
だから過去形です。昨日のお前なら、
「1015分はとっくにベッドに入っていた時間」でしょ、という事ですね
だから過去形を使います
ご参考まで。
仮定法は奥が深いし、よく使う手段です
仮定法で本音を出すことができるからですね
1年生には難しいと思いますが頑張って下さいね
大学試験の際に、いろいろと仮定法表現が出てきますよ

末次 賢治

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください