英語表現の学習にどうぞ」カテゴリーアーカイブ

Oct.23 英語理解の講義 その1

Oct.23 英語理解の講義 その1

【Indonesia Continues to Draw in Japanese Firms】
⇒インドネシア、日本企業の招致継続へ

「draw in ~」:~を引き寄せる、という事ですね。
その意味合いでは、attract / invite と同意です

Indonesia’s economy is set to contract for the first time in about 20 years as restrictions to contain the coronavirus  has slowed her business activity.

【インドネシアの経済が、縮小しようとしている、20年ぶりに。コロナ禍終息の為の色々な制限が同国の経済活動を鈍化させてきている】

・be(is) set to~をしようとしている
=be about to動詞と同じ意味合いです。

・contract ⇒縮小する
「契約する」の意味合いの他に縮小するの意味があります。
※なお、contractは、筋肉の収縮、という場合にも使います。
医療分野に進む人はぜひ覚えておきましょう!

・restricitions制限事項
・for the first time in 20 years.20年ぶりに
・contain は、この場合、問題を収める、解決する

NHK World’s Yuko Fukushima talked to an economist at Itochu  Research Institute who thinks Japanese firms that are set up  in the country are prepared to weather the current environment.

⇒NHKワールドの福島記者が、伊藤忠研究所所属の経済評論家と会談をしました。なお、この評論家の見解では、(in the country⇒インドネシア)に設立された邦人企業は、現在の経営環境を何とか凌(しの)げる対策をしている、という。

Takahashi Shotaro says Indonesia’s young,  growing population offers the companies a promising consumer market in the future even as they face shrinking prospects at home.
「高橋正太郎氏によると、インドネシア国の若い、今後伸び盛りの世代(=若い世代)が、上記の邦人(日本)企業らに、将来見込みの或る消費者市場を提供するものとなる。仮に、いま現在、インドネシア国内の市場縮小の見通しに直面していても。」

・young, growing population若くて今後大人になっていく世代の人たち
・shrinking prospects 市場の規模縮小の見通し

 末次 賢治

Oct.17 英語理解の講義 <捨て目を利かせる>

Oct.17 英語理解の講義
<捨て目を利かせる>
アメリカの月刊誌に 【TIME 誌】があります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり昔のものですが、表紙がその時は、俳優の「渡辺謙さん」でその写真の下の方に
 ASIA’S HEROES とあります。
 そして、次の様に続きます:
 Our annual celebration of the courageous.
 the gifted, the inspired and the inspiring.
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
という風に、
the に形容詞が並んだ表現は
 those who are+形容詞 という意味合いと同じですね。
 つまり、 the poor とは、those who are poor ですね。
 the courageous
 the gifted,
 the inspired
 the inspiring
 「毎年恒例の特集:
勇気ある者
 才能ある者
 やる気の高い者
 人に感動を与える者」ですね。

 ここで注目すべきは、
 the inspired とthe inspiring ですね。
 過去分詞や現在分詞はもはや「動詞」でなく「形容詞」です。
 inspire とは、人に感動を与える、人を刺激する という意味合いです。
 他動詞には、常に、「他人を~させる」という風に「他人を」というのが意味に含まれています。
 これは基本ですが大切な事です。
 interesting の interestも「他人に興味を持たせる」
 「他人をそそらせる」という意味合いですね。
 ですので、interesting は、
 「他人に興味を持たせる様な=面白い・興味深い」となります。

 inspiring は、他人を感動させる//他人を刺激させる] という意味合いですね。
他動詞の意味合いには、常に「他人(人)を~させる」という含みがあります。
the は、~という人たち という意味合いですから「人を感動させる人」となります。
inspired の場合ですが、
<元々他人を感動させる>という他動詞的意味合いが、受身になっておりますので、<他人に感動させられた⇒感動した>との意ですね。
the inspired は、感動した人たち、という意味合いですね。
gift は、神様が人に才能を授ける、という意味合いですが、the gifted は、才能が与えられた人たち、という意味合いですね。

 末次 賢治

Oct.08/2020 英語学習の参考資料 【 英語の読み方 :「冠詞を監視する #1」】

今回は「冠詞」がテーマです
 冠詞は、<内容の関連性を明確にさせる道具>ですね。
 冠詞とは、a ・an / the ですね:
 下記は、あるアメリカの女の子が雑誌に送った相談の手紙です。
 複数回 a+名詞 /the+名詞が出てきます:
 意味が完全に分かりますか?

“Dear Betty,I tried out for* the lead in the school play,–1)
but I didn’t get the part.—2)
I got a smaller part.—3)
The part only has fourteen (14) lines. -4)
I feel very disappointed. “—5)

※なお、この上の英文は、小職が高3年生に提供している、英語練習帳からのものです。
希望者は差し上げますよ、この英語練習帳を。

日本語訳は下記の通り:

『私は、学校のお芝居で、主役をとろうと 張り切ったのですが、
主役になれませんでした。
貰ったのは、端(チョイ)役で、セリフはたった14行しかないの。
がっかりだわ。』

・ try out for–:「~を勝ち取ろうと頑張る」の意です。

1) ⇒try out for the lead in the school play.の【the lead】は
「主役」の意。お芝居での主役は、通例は1人しかいませんね。the lead が正しい言い方。
※<the>は、当事者が 【既に知っており、判っているモノ】を指します。同時に、【唯一これしかない】というモノにもtheを付ける場合が多いです。
もしthe leadでなくて、この部分を [a lead]といえば
<主役が数人存在するお芝居で、主役の1人にもなれなかった>となります。

2)⇒I did not get the part.は、先に出たthe leadの事を指しております。<その役=主役>です。

3)⇒I got a smaller part.ですが、<普通よりも小さい役を貰った>との意です:smallerを外して考えても「a part」ですから、
「<色々ある端役の中の1つ>を貰った」との意です。

4)⇒ the partは、この「端役の事」を指します。
この様に、【先に・最初に発言されたモノを、すぐにまた発言する場合】にも[the] を付けます。

★上の手紙にある様に、
2)のthe part と 4)のthe partは意味が違いますね。
2と4のthe partは 各々その前の単語を受けて、2のthe partは、「主役」の意ですし、
4のthe partは「端役」の事です。お分かりでしょうか?

同じthe part でもその意味合いが変化しますね。状況次第で。

冠詞とくに、the/aには、それぞれ重要な役割があり、それを知っておく事が、英語を正しく読める基礎です。
どんな役割かは次回以お見せ致します。ご参照下さい。
ご質問は何なりとどうぞ!

 末次 賢治

Sep.07/2020  brace// brace for (災害)という表現に付いて

★英語学習の参考になさって下さい★
brace// brace for (災害)という表現に付いて

・飯塚セミナーで勉学に勤しむ児童生徒
保護者の皆さま、関係者の皆さま
・英語学習者の皆さま
 こんにちわ。英語の末次です。

 金曜日9/4に、飯塚セミナー塾の家屋の窓にバッテン(X)型に、保護テープが貼られていましたね、台風に備えての安全対策ですネ。
この形式の張り方や このような作業を【brace】 と云います。

皆さんは、「①かすがい」や「②はすかい(斜交い)」って知っていますか?

★「①かすがい」は、コ型の金具です

★「②brace/ブレース・斜交い(はすかい)」は

写真の様に、台風に備えて、窓ガラスに
・先方テープをバッテン(X)形式に貼り付ける事(ちょうど、金曜日の窓のように)或いは
・橋の写真のように、X型に支えを組む事です。
家屋や建物、橋梁の建築にはよく出てくる手法です。

★将来、建築や都市設計関係の技術者になりたい方や機械工学関係のお仕事に付きたい人はとくに、覚えておきましょう。

このようにバッテン(X補強)にすると強度が増します。
これを英語では【brace】 と云います。
種別・形態を問わず、強化する為の器具を 【brace】と云います。
【brace】は、「コ型」の、2つの木材などをつなぎ合わせ・固定する器具も 【brace】と云います。
更には、お互いに話をしている人がよく、自分の両腕を体に巻くしぐさをする場合がありますこれも【brace】と云います。

皆さんは、飛行機に搭乗した際に是非、座席に備えられている「安全の栞(しおり)」をご覧下さい。
そこには、写真のように、屈んで、緊急事態(不時着)などでの衝撃に耐える為の姿勢ですこの姿勢も 【brace】 と云います。

皆さんのお友達とかで歯並びを矯正する器具をしている人もいるでしょう。
その器具も 【brace】 と云います。

腕などを骨折して、添え木を当てたりしますがそれも 【brace】と云います。

英語は道具の意味の単語は動詞として使えます。
(受験者はこの事を知っておきましょう)

braceは、
・「支え棒を入れて建物等を強化する
・「体などを固定する」

brace for ~「(災害等)に備える」
・Brace for the typhoon
→この台風に備えましょう。
・The window glasses are based for the coming typhoon.
→窓ガラスが、来襲する台風に備えて対策が取られている。

brace for ~(災害):という動詞表現は使い勝手がありますので覚えておきましょう!

末次 賢治

Aug.27/2020  News Headline

Aug.27/2020 英語ニュース見出し

Aug.27のニュースです:
不定詞の使い方のサンプルです

AUSTIN, Texas (AP) —
An aunt of a soldier whose body is believed to have been found about 30 miles (48.28 kilometers) from the Texas base where he was stationed says her nephew had been happy in the Army up until a few months ago, when he reported being sexually assaulted by a superior.

↑を一目で分かるようになれば良いですね。
 主語は何か?述語は何か? などを観ていきましょう

【An aunt of a soldier】 whose body is believed to have been found about 30 miles (48.28 kilometers) from the Texas base *where he was stationed 【says】= [her nephew] had been happy in the Army up until a few  onths ago,
when he reported being sexually assaulted by a superior.

この一文は長いですが
主語は、【An aunt of a solider】 ですね。
ある軍人さんの叔母ちゃんが

述語(動詞)は、【says】 →語っている、次の事を。

で、この兵士の body遺体が~~と信じられている、

to have been found about 30miles from Texas base,
テキサス基地から30マイル離れた場所で見つかったと信じられている、
⇒ つまり、それが本当かどうか、まだこの報道時点では明確に裏がとれていない、分かっていない、ですね。

で、*where でつないでおりますね。
つまり、テキサス基地でこの兵士が駐在していた。
遺体が、本人駐在のテキサス基地から30マイル離れた場所で見つかったとされている兵士の叔母ちゃんが次のように語っている。

つまり、(ほんの2-3か月前迄は)自分の甥御(この兵士の事)は、この身分やお仕事に満足だった、ほんの2-3か月前迄は。
なお、その時に、上官から、この兵士は性的嫌がらせを受けた、となります。

この記事の英語表現からわかるのは、
・この兵士が性的嫌がらせを受けたのは事実
・この兵士の遺体が本当にテキサス基地から30マイル離れたところで 発見されたことが事実かどうかは、まだ良く分かっていない。

↑の文章は、ちょっと複雑に思う学習者が多いかもですが、このような文章に馴れて下さい。毎日、色々と配信します!

末次 賢治

Aug.26/2020  News Headline

Aug.26/2020 英語ニュース見出し

英語ニュースと「不定詞表現」
・コロナ関係です:
【33-year-old with no health conditions dies】
⇒ 33歳の方が、特に健康の問題もなく死去
・見出しでは、過去の事も現在形で表現します。臨場感が出る為です。
・no health conditions →健康の問題なく

この記事の本文1行目:
【The 33-year-old was among five people confirmed to have died in England.】
 →この33歳の患者さんは、死亡したと確認された5人のうちの一人であった。
 ★一年生諸君には、本日8/26 学習した不定詞表現ですね。
 was というふうに「過去形」になっておりますね。

・つまり、「その時、5人の一人だった(と分かった)」とは、
<亡くなってから、この方が「5人の一人」と分かりますので時間がずれているのは分かりますか?>
was/過去形 と to have died/一種の過去完了 は、時間がずれています。
confirmed は、過去分詞で、to have died と続きますので
「既に亡くなってしまったと確認された5人の一人」の意味合いです。

実際には、
The 33-year-old was among five people [who were] confirmed to have died in England.
の who were を省略して過去分詞(形容詞)で表現しています。

これが、ー confirmed to die.では良くないですね。
ーconfirmed to die は、今から/是から亡くなると確認された、となって意味の辻褄が合いません。

末次 賢治

Aug.24 英語の発音とリスニング 講義04

Aug.24 英語の発音とリスニング講義

皆様、次の英文を音読しましょう:
【We ought to visit their factory for inspection.】
⇒「先方の工場に訪問して検査をしなくちゃね」
 この ought to というのは、must や have to と同意:「~しなくちゃ」です。但し発音が要注意!

 で「ought to」は 「オートトウ」の音ではなく、ought to は「アーラ」とか「オーラ」という音に変化します。ですので、「ウィアーラ ヴィゼッ ゼア ファクトリ フォ インスペクションヌ.」
こうした音の変化は、学校や英語学校でもあまり教えていないので、この機会に認識下さい。

・通常、 t が、母音(a/i/u/e/o)に挟まれると、t (タ行)の音が、「ラ行」や「ダ行」の音へ変化します。

例1)「water」が「ワラ」に。
例2)「It is」 が、「イリーズ」という風に。
「ought to」も同様です。ghは実際に発音せず、「オー(gh) tt o(ア) ]ので、t の音がはじけて、オーラ//アーラ との発音になります。

例3) 【I’ll try to make up for the loss.】
この「try to」 の「to」が音が弾けて、トライルー という風に音が変わります。
⇒「この損失分は私が埋合わせしてみます」の意。
ご参考下さい。

 末次 賢治

Aug.20 文法事項 英語表現の学習にどうぞ03

Aug.20 文法事項

[many more] と [much more]について

「もっと煉瓦がいります。」なら
I need more bricks.
「もっとお水が欲しい。」なら
I want more water.

比較級を強めるときは普通 much をつかいます。

「もっとずっとたくさんお水が欲しい。」は
I want much more water.

しかし・・
複数名詞についた more を強めるときは、many を使います。←要注意

「もっとずっとたくさん煉瓦がいります。」は
✖ I need much more bricks.
〇 I need many more bricks.

これは英語文法の盲点です。
覚えておきましょう!試験に出題されやすいです

 末次 賢治

July 06/2020 英語表現の学習にどうぞ02

【「at home等の表現」と応用練習」】

Hi, Readers! Are you feeling at home? 下記、講義です。

太郎君は風邪で寝込んでいます
⇒ Taro is down with cold.ですね。

 「down with 病害」で、「その病害で寝込んでいる」の意味合いですね。

 ・be down with~で「病害や悪い状況等に苦しんでいる」との表現です。

 1)「Japan has been down with COVID-19 now. =新型コロナで日本はずっと疲弊しています」
 2)「Kevin is down with cold.=ケビンは風邪で寝込んでいる」
 ↑の通り、~down withで簡単に云えます。ご参考下さいね。

 末次流の英語はPlain Englishであり、簡単な表現でいろいろな事象が発信できます!

 Plain Englishとはアメリカ大統領が用いている平易な表現手法です。

 さて、「Stay home!」・「Stay at home!」とずっと請われて在宅の方も多いでしょうね。

 Stay home でも Stay at homeでもどちらも正しい言い方で、差異は特にはありません。

 ・この「home」 や 「at home」 の「home」は、「本人(主語の人)のお家に/へ」との意です。

 ・Stay home!の homeは「副詞」/ Stay at home!の at homeは、「副詞句・形容詞句」です。

 なお、at my home とはあまり言いません。
 at homeは、「自分の家に在宅している状態にある」の意で、my等が無くても、「本人の自宅に」の意。

 ★更に、もう1つ意味があります。
 下記は、音読対象英文です。
 I visited Japan with my father last summer.
 I liked the people and the food.
 But I didn’t like one thing.
 Sometimes, people looked at me and shouted,
 ”Gaijin, gaijin!” I didn’t feel at home.
 Are we so different or strange?

 これは英語指導で使う音読課題です。
「I didn’t feel at home.」とはお判りでしょうか?

at home はもともと「自分の家に在宅」の意ですね。
※人間、どんな人でも自分の家/部屋が一番ゆっくりできるし、落ち着きますね。
⇒転じて、「快適である・落ち着く・ゆっくりできる」
⇒つまり、comfortableや cozyとの意です。

時折、周囲からジロジロと見られて「あ!外人だ!外人だ!」と囃し立てられて、この人は「居心地が悪かった」と述べています。

Stay at home.は「お家(自分の家)に居ましょう」。stayをfeelに変えて、feel at homeは、「居心地が良い」の意です。

来客に対して、英語で「ようこそ!どうぞごゆっくり」は、
「Welcome, friend! please make yourself at home. 」と云います。

この at home も、「ゆっくり落ち着く」などの意味合いの表現です。
「新型コロナウイルス禍」で仲々、居心地が良いという状態には成りませんですね。
I really wish to have days soon when we can feel at home.
Sincere Thanks & Have Nice Studies!

 末次 賢治

July 06/2020 英語表現の学習にどうぞ

July 06/2020  英語表現の学習にどうぞ!

下記は小職(末次)が20年以上ずっと、九州圏の月刊経済雑誌に連載をしております英語講座です。先月号分を投稿します。
~~~~~~~~~

【「[行事/記念日]はもうすぐです」の云い方】

Hi, Readers! How’s your business going?
I hope that every reader of this magazine is feeling well.

早くも、2020年も折り返しとなりましたね。

Time really flies.です!
今年は様々な前置詞を用いて表現する平易手法をご紹介しております。

さて皆さま、
7月になると日本では「七夕」・「土用の丑の日」:
アメリカやカナダでは各々の独立記念日等色々と記念行事もあります。
アメリカの独立記念日はJuly 4. カナダの場合はJuly 1ですね。

そこで、今月は【もうすぐ~の行事ですよ。】の云い方をご紹介します。
それは、[行事/イベント is around the corner.] と云います。
簡単でしょ?

※ 【be動詞 around the corner】 で、モノゴトや行事が「そこの角っこ」まで来ている、の意味合いです。

例1) Star Festival is around the corner.
もうすぐ七夕です。

例2) The American Independence Day is just around the corner.
= アメリカの独立記念日はもうすぐです。

例3) The American and Canadian Independence Days are just around the corner.
アメリカとカナダの独立記念日がもうすぐです。
※2つありますので、Days are となります。

例4) My late father’s birthday is around the corner.
亡き父の誕生日がもうすぐです。
※私の父ちゃんの誕生日は、7月4日で、アメリカの独立記念日と同じ日付です。

例5) 【Good times may be just around the corner.】
→「 景気の好転はついそこまで来ている。」
◆これは、米国のフーバー元大統領(任期:1929~1933年)が大恐慌直前に気休めにしたよく考えもしないでなさった発言です。

さて、
【What on earth will be around the corner after COVID-19?】
コロナ禍の後はどんな事がやって来ますでしょうか??

Thanks & Have Nice Business
英語関係の質問は何でも為さって下さい:
質問は、飯塚セミナーまでお寄せ下さい。
対応致します。Presented by Ken Suetsugu

 末次 賢治