私立高校入試における変化 セミナー通信 2021年02月号

 セミナー通信2021年02月号 記事

私立高校入試における変化

 今年度の私立高校入試における変化について、気になった点を挙げていきます。来年度の受験生は参考にして下さい。

 まず、専願入試についてですが、今年度も近大付属福岡高校及び飯塚高校を専願で受験する生徒の割合が高かったように見受けられます。そのため、専願入試でも競争が発生し、合格するためには確かな実力が必要になっています。

 私立高校が第一希望である生徒さんは、過去問題の演習を通して問題の傾向を把握し、実力を伸ばしていく必要があります。

 公立高校の併願校として、私立高校を一般受験した生徒に関しては、近大付属福岡高校・飯塚高校だけではなく、大和青藍高校や福智高校といった、直方・田川方面の私立高校を受験する生徒の割合が増加しました。その背景には、近大付属福岡高校や飯塚高校を専願入試で受験する生徒が増加したことで、一般入試での合格者数が少なくなるのではないかという考えがはたらいたからではないかと思われます。
 事実、一般入試での合格最低得点は、公表している近大付属福岡高校において年々上昇しており、難化傾向にあるといえます。この流れは来年以降の私立入試においても継続すると考えられますので、公立高校を第一希望にしている生徒さんも、おさえとなる高校を確保するために私立高校対策が今まで以上に重要になるといえるでしょう。
 また、通学が不便であることは否めませんが、福岡地区や北九州地区の私立高校も今後は併願校として、選択肢の一つに加えてもいいのではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください